関西電力の金品受領問題の違和感。稲田朋美と同和の関与を報道しないマスコミ。

記事

なぜ福井県高浜町の元助役の森山栄治が関西電力20人の役員に金品を渡したのか?

その理由が私にはよく分かりません。

町の自治体の助役(No.2)の副町長みたいな人が時代劇の悪代官のような絶大な権力と金を持っているのかが特に謎です。

テレビや新聞の報道を見る限りでは、今回の関電の金品受領問題の関係図は以下のようになります。

この上記の画像を見ると、原発工事の発注の便宜をはかった高浜町の森山栄治元助役が建築業者から3億円のお金を受け取るまでは、よくある癒着だなと思います。

ただ、今回問題になっている森山栄治元助役から関西電力幹部20人が約3.1億円分の金品をもらっていたことは、どうも理解しがたいです。しかも、 町の副町長みたいな立場の森山栄治元助役から脅されて関電幹部らは金品をもらったというから尚のこと不自然です。

もう少し掘り下げて調べると以下の関係図が出てきました。

稲田朋美と関電の関係図
引用元: 関西電力(役員)金品受領問題の謎

この関係図で国会議員の稲田朋美が登場します。彼女も森山栄治元助役とは親密な関係にあります。以下のブログで詳しく解説されております。こちらのブログに基づいて稲田朋美が森山氏と関電との関係を整理していきたいと思います。

関西電力の金品受領問題の核心は「稲田朋美」と「同和」の可能性大。

まず、福井県高浜町の元助役の森山栄治筆頭株主取締役を務めていた警備会社「オーイング」(本社・福井県高浜町)です。警備会社「オーイング」とその関連会社「アイビックス」が自民党の稲田朋美元防衛相に献金しています。

稲田朋美元防衛相

しかも「アイビックス」の吉田敏貢会長稲田朋美の後援会長を務めていました。

森山栄治元助役=警備会社オーイング=関連会社アイビックス=稲田朋美という関係で森山氏と稲田氏はつながっています。

出典元:関電3億2千万円“裏金” 元助役の関連会社が稲田朋美元防衛相ら自民党議員に献金 後援会長も

稲田朋美は関西電力からも資金を受け取っています。

じつは、2日におこなわれた関電の記者会見でも稲田氏の名前がすでに登場していた。関電が公表した調査報告書には〈森山氏は、高浜町、福井県庁、福井県議会および国会議員に広い人脈を有して〉いたと書かれていたのだが、

この国会議員というのが稲田氏なのではないかという質問が飛んだのだ。これに対し、岩根茂樹・関電社長は「固有名詞までは確認していない」とお茶を濁したが、そんなはずはないだろう。

なにせ稲田氏は福井県選出であり、しかも安倍首相が一本釣りして寵愛してきた“ポスト安倍”と言われてきた有力議員だからだ。

しかも、稲田氏に流れていた“原発マネー”は、森山氏周辺からだけではない。

関電もまた、稲田氏に“原発マネー”を流しているからだ。というのも、昨年11月に公表された稲田氏の資金管理団体「ともみ組」の2017年分政治資金収支報告書には、関電および関電の関連会社の名前が出てくるのだ。

引用元:https://lite-ra.com/2019/10/post-5008.html

関電とも森山栄治元助役とも繋がる稲田朋美とは、いったいどんな人物なのでしょうか?

国民の権利没収改憲ムービー 自民党 元防衛大臣 稲田朋美 発言表裏スーパーギャップ 憲法改正の裏の顔

稲田朋美は元防衛相でありながら戦争賛成派です。彼女は夫の名義で多量の軍事株を保有しています。戦争になれば稲田朋美が儲かる仕組みです。

稲田朋美は「生長の家」の信者でもあります。

生長の家の経典「生命の実相」の愛読者でもあります。 実の父親が書いた本ですから、やたらと彼女が誉めそやすのも納得です。
しかも、彼女が所有しているのは熱心な信者でなければ持っていない希少な版だそうです。
——————————–こちらから転載
稲田朋美せんせーが振りかざしておられる「生命の実相」は見るからに頭注版じゃないですよね。これいわゆる「黒革表紙版」と呼ばれる戦前のやつです。黒革表紙版を典拠にするって、ガチのガチです。
——————————–

引用元:https://delight-day.com/?p=1074

有名な生長の家の信者としては、森友問題で一躍有名になった「籠池泰典」元理事長です。

籠池氏の背後に飾っている写真は、生長の家の教祖「谷口雅春」です。ソースはこちらです。

生長の家の籠池泰典と稲田朋美もつながりがあります。

今回の関西電力の金品受領問題の違和感の原因は「稲田朋美」の関与をマスコミが隠しているからです。今回の騒動の犯人が森山栄治元助役と関西電力だけであるかのように報道されていますが、稲田朋美と生長の家が関与しています。

その証拠に先程上げた関西電力の金品受領問題の関係図の右上に登場する「高木毅」も生長の家の関係者です。高木毅は社団法人日本青年会議所北陸信越地区協議会会長です。青年会議所生長の家の実働部隊です。

日本青年会議所(JC),知られざる右翼団体、・・・日本会議の協同団体

最後に、マスコミが報じない「同和」について少し言及したいと思います。今回の騒動の中心人物である「森山栄治元助役」は部落解放同盟を指揮していました。森山氏の影響力の大きさは同和関係者だったからでしょう。

関西電力と森山栄治氏の人権教育と恫喝

なぜマスコミは「同和」のことを報じず伏せておくのでしょう?

同和問題は「荊タブー」として、報道においてタブー視されるいるみたいです。これに加えて、原発利権と生長の家が絡んでいるからマスコミは不自然な報道せざるを得なかったのでしょう。しかし一般人の私でもここまで調べがつくので、関西電力の金品受領問題の真相が明らかになるのも時間の問題でしょう。

またTwitterなどインターネット上で新しい情報を得たら、随時ブログに投稿しようと思いますので、よろしくお願い致します。最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント