2020年5月10日アメリカの「母の日」

記事

2020年5月10日

アメリカの「C&Cキッチンアンドカフェ」が店内サービスを再開

マスクをつけない客で賑わう店内

店内客の声

「家にいる必要がない」

「テイクアウトは美味しくない」

「外出を恐れません」

「マスクはしません」

「私は健康です」

出典元

Castle Rock business draws crowd against public health orders (VIDEO)
A Castle Rock restaurant reopened its doors to full dine-in service May 10, allowing dozens of customers inside despite public health orders put in place becaus...

「外出自粛」は感染予防に効果はありません。

「外出自粛をした国」よりも「何もしていない国」の方が、

コロナ感染者も死亡者数も少ないです。

世界中で全く感染予防になっていなかった「外出自粛」 : 松井秀之
「外出自粛した国」より「何もしていない国」の方が、コロナ感染者数も死亡者数も少ない。死亡率を高める「孤立」・社会的なつながりを失うことで死亡率50%上昇・孤独と孤立は、脳卒中を32%上昇・孤立するほど、感染症にかかりやすい#StayHome は感染予防になっていません

「外出自粛」による「孤立・孤独」による健康被害の方が深刻的です。

「社会的な孤立」によって「死亡率」「感染リスク」が高まります。

世界でたった3カ国の「ロックダウンも外出の自粛も店舗の閉鎖もしなかった国」スウェーデン、ベラルーシ、カンボジアの新型コロナウイルスに対しての「勝利」が明確に - In Deep
世界でたった3カ国の「ロックダウンも外出の自粛も店舗の閉鎖もしなかった国」スウェーデン、ベラルーシ、カンボジアの新型コロナウイルスに対しての「勝利」がデータから明確に

外出自粛は健康面への悪影響だけではなく、経済面でも深刻なダメージを与えています。

コロナによる閉店が相次いでいます。

アメリカではコロナの影響で失業率14.7%、先月4月の失業者2050万人。

アメリカの4月の失業率、世界恐慌以降で最悪の14.7%に 米労働省雇用統計 - BBCニュース
新型コロナウイルスの感染拡大で経済が壊滅的な打撃を受けているアメリカの4月の雇用統計が8日に発表され、失業率は14.7%と、1930年代の世界恐慌以降で最悪の水準となった。

失業保険申請者7週間で3300万人です。

米 失業保険 7週間で3300万件超 解雇の動き歯止めかからず | NHKニュース
【NHK】新型コロナウイルスの感染の拡大が続くアメリカで、仕事を失った人が新たに申請した1週間の失業保険の件数は316万件余りとな…

以下は1960年以降のアメリカの週別の失業者数のグラフです。

コロナによる不況の波は、日本も含めて世界中を飲み込んでいくでしょう。

ちなみにドイツでも「コロナが嘘」とバレて、市民が外出自粛反対デモを起こしています。

このようにデモを起こせ。とは言いません。

ただ意味のない外出自粛をすることに違和感を抱いてほしいです。

一人でも多くの人が感染予防にならない「外出自粛」で自らの首を締めていることに気付き、マスクを外して外出できる日常を取り戻せることを切に願います。

コメント