レジ袋有料化は「偽善」。レジ袋有料化で得する200億円以上稼ぐコンビニ各社。欧米ではコロナ対策で無料化になるレジ袋。

記事

2020年7月1日からレジ袋有料化

➡︎環境のためというのはウソ


⚫︎レジ袋は実はエコ商品。

レジ袋の原料は「ポリエチレン」

石油からガソリンを作るときに出来るゴミ➡︎「ポリエチレン」

ポリエチレンは「レジ袋」以外に有効な使い道なし。

なぜレジ袋が有料化?本当に意味あるの?その意義について考えます。 | 丑男の先には
2020年7月から、レジ袋が有料化されます。しかし、本当にレジ袋の有料化って意味があるのか?と思い、調べたところ、何ともショッキングなデータがいくつも出てきました、今回は、みなさんにレジ袋有料化の真実をお届けします。

⚫︎CO2削減するのには

レジ袋の代わりに840回以上「エコバック」使用しないといけません。

エコバックを840回以上使うのは非現実的です。

⚫︎ポリ袋のプラスチックゴミにおける割合は、重量にして0.4%、容積にして0.3%です。

これを減らしたところで、海洋プラスチックゴミの削減にはなりません。

⚫︎有料化したレジ袋の売上で潤う「コンビニの本部」

⚫︎欧米ではレジ袋は有料だったが、コロナ対策のためレジ袋「無料化」

使い回されたエコバックよりレジ袋の方が衛生的に優れている。

⚫︎コンビニの買い物

レジ袋➡︎有料

プラ袋に入った割り箸➡︎無料

という矛盾。

これだけでも、環境破壊をなくすことが本当の目的ではないことが分かります。

レジ袋有料化は環境のためではないです。

「環境のため」という一見すると耳障りのいい言葉は要注意です。

というのも「地球温暖化は嘘」だからです。

2016年から2018年に世界の平均気温は0.56度「低下」しています。


地球温暖化は麻生太郎の陰謀で、真の目的は「人工地震」だった。 | Giorno Di Gioia

またNASAが地球の「寒冷化」を「温暖化」と捏造していたことが発覚しました。

実際には地球は温暖化しておらず、寒冷化しています。

【RAPT理論より】地球温暖化は麻生太郎の陰謀で、真の目的は「人工地震」だった。

地球温暖化という嘘があれば、原発でもレジ袋有料化でも儲けている人がいます。

安倍晋三をはじめとするユダヤ人「李家」です。

レジ袋は有料にする必要は全くありません。

環境的にも経済的にも何一つ優しくない「レジ袋有料化」の正体が広く浸透していくことを切に願います。

コメント