狂犬病ワクチンの副作用で毎年3000匹の犬が息を引き取る一方で、毎年150億円ものワクチン利権で潤う獣医師会と麻生太郎。

記事

日本で狂犬病ワクチンを摂取していない犬は約800万頭。

しかし過去50年間で狂犬病にかかった犬は「0頭」。

狂犬病ワクチンの副作用被害は年間50,000匹で、

その内3,000匹が毎年死亡。

先進国の狂犬病根絶国で狂犬病ワクチンを毎年義務化しているのは「日本だけ」

いまだに狂犬病があるアメリカでさえ、三年に一度の狂犬病ワクチンを「推奨」しているだけ。

オーストラリアでは副作用の危険性から使用を差し控えている。

百害あって一利なしの「狂犬病ワクチン」で私服を肥やす医者と政治家。

年間150億円ものお金が動く「狂犬病ワクチン」

日本獣医師会トップの藏内勇夫は元自民党員で、麻生太郎とは盟友関係。

麻生太郎も獣医師問題議員連盟の会長だった。

狂犬病ワクチンは

愛犬と飼い主を苦しめ、

日本獣医師会と麻生太郎の懐を潤しています。

狂犬病ワクチンは必要ありません。

【狂犬病・狂犬病ワクチンの参照リンク】

狂犬病ワクチンは犬にとって有害無益の猛毒

愛犬に義務づけられる狂犬病ワクチンについてのいろいろ

麻生太郎と日本獣医師会

狂犬病ワクチンは獣医師会の詐欺商品だ! WHOの狂犬病論文を歪曲捏造!

狂犬病もデマ

狂犬病ワクチンも無意味

1908年に狂犬病ワクチンを開発・改良したルイ・パスツール。

彼が狂犬病ワクチンの開発するために行われた実験

「ルイ・パスツールはウサギを「狂犬病」にした方法というのは、

頭蓋骨に穴を開け、脳に汚物を詰め込むことだった。」

病気の本当の原因:狂犬病

コメント