冷凍庫のコロナワクチンが、体内に入ると「金属片」として沈澱する仕組み

2021年8月末に、コロナワクチンに「金属片」の異物が混入したことが大きくニュースに取り上げられました。

このコロナワクチンの「金属片の正体」は「酸化グラフェン」という化学物質であることがRAPT理論+αで明らかになりました。

コロナワクチンは「振動」を与えると「金属片が沈澱」します。

そのため、コロナワクチンは振動を与えないようにバイク便での運搬は禁止されています。

出典元はこちら

コロナワクチンの取説にも、ワクチンを激しく振らないように注意書きがあるそうです。

モデルナ製のコロナワクチンだけではなく、全てのコロナワクチンで振動を与えると「金属片」が沈澱します。

しかも厚労省は、コロナワクチンに振動を加えた場合、品質が低下するとして、超低温で冷凍し、かつ振動の加わるバイク便などで輸送してはならないと各自治体に通達を出していました。

○ワクチンの冷蔵輸送にバイク利用不可 振動で品質低下のおそれ

これについても厚労省は、振動を加えると、ワクチン内の酸化グラフェンが凝集することを最初から知っていた可能性があります。

RAPT理論+α:【続報】異物混入のモデルナ製コロナワクチンは、輸送時の振動によって酸化グラフェンが凝集した可能性大

コロナワクチンは「振動」を与えると「酸化グラフェン」が沈澱する

ということが分かります。

また、コロナワクチンは「超低温」の「冷凍庫」で管理されています。

なぜか「常温」ではコロナワクチンは品質が落ちるそうです。

なぜでしょうか?

気になったので調べてみました。

コロナワクチンの主成分が「酸化グラフェン」であることもRAPT理論+αで明らかになりました。

「酸化グラフェン」は「グラフェン」を酸化させた物質です。

「グラフェン」の特徴的な性質の一つに、冷やすと膨張し、温めると収縮する性質があります。

身の回りにある通常の物質は、冷やすと収縮し、熱を加えると膨張する「熱膨張」の性質をもっています。

通常の物質
グラフェン
  • 冷やすと「収縮」
  • 温めると「膨張」
  • 熱膨張
  • 冷やすと「膨張」
  • 温めると「収縮」
  • 負の「熱膨張率」

通常の物質は熱を加えるほど体積が大きくなり、液体から気体になると体積はめちゃくちゃ大きくなります。

しかし、「グラフェン」は温めるほど、体積がギュッと縮まって小さくなっていくのです。

コロナワクチンは冷凍保存しないと品質が落ちる性質があります。

出典元はこちら

コロナワクチンを冷凍庫で管理するのは、常温に温めると「酸化グラフェン」が沈澱してしまうからだと考えられます。

酸化グラフェンは冷凍庫の冷たい状態だと体積が大きく、

常温の暖かい状態だと体積がギュッつと小さくなり「金属片」が沈澱する仕組みだと考えられます。

冷凍庫の酸化グラフェン
常温の酸化グラフェン
  • 体積が大きい
  • ワクチンの液体に溶けている
  • 冷凍庫では金属片は沈澱せず
  • 体積が小さい
  • ワクチンの液体に溶けず「沈澱」
  • 体内では金属片が「沈澱」

ワクチンの注射を打つ前まではワクチンに溶けている「酸化グラフェン」が、

人間の体内に入ると温められ「血液中」で「酸化グラフェン」が「沈澱」する仕組みだと考えられます。

人間の体内で、金属片として沈澱する「酸化グラフェン」。

コロナワクチンによって血管が詰まる「血栓」が生じる副反応の症例が、ネットやSNSでは数多く報告されています。

脳の血管で血管が詰まれば、脳に障害が生じ

足の血管で血管が詰まれば、足が壊死します。

コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」が人間の赤血球を破壊していることもRAPT理論+αで明らかになっています。

コロナワクチンを接種することで

体内に「酸化グラフェン」を取り込み、

酸化グラフェンが赤血球を破壊します。

コロナワクチンは赤血球を破壊する猛毒です。

コロナワクチン接種によって、人間は酸素が運べない体になってしまいます。

コロナワクチン接種後にコロナ重症者が増加しているのも、

コロナワクチンで赤血球を破壊されたワクチン接種者が「コロナ感染者」とカウントされているからでしょう。

コロナワクチンにはコロナの重症化を防ぐ物質は含まれていないのです。

コロナウイルスは存在しません。

コロナウイルスが存在する証拠を47都道府県が提示することが出来ていません。

コロナの症状を引き起こすために

ワクチンだけではなく

マスクにも

PCR検査の綿棒にも

「酸化グラフェン」が大量に含まれていることがRAPT理論+αで解き明かされました。

コロナワクチンを既に接種してしまった人は、ここまでの記事を読むとすごい不安を抱くと思います。

しかしコロナワクチンの酸化グラフェンの影響をある程度は抑える方法も

RAPT理論+αで解き明かされています。

「運動」や「日光浴」で体内の酸化グラフェンの影響がある程度、抑えられる

体内に「酸素」を取り込むことで、

コロナワクチンの酸化グラフェンの影響を抑えることができるという仕組みだと考えられます。

「酸素」は人間にとって一番重要な「栄養」です。

3分間「酸素」がないと人は生きていくことはできません。

脳に3分間酸素が届かないと、脳が死んでしまうためです。

マスクを外して、空気を吸って下さい。

家で自粛せずに、外に出かけて運動してください。

走れば走るほど、体内に「酸素」という「栄養」が取り込まれます。

そして脳に嘘がある分だけ、脳は悩みや不安に捉われて、脳が正常に働きません。

脳から「嘘」を取り除いて、「真実」を蓄えていくほど、脳は正常にフル回転するようになります。

ここまでの文章を読まれた人は「コロナという嘘」が脳から取り除かれたと思います。

「コロナワクチンは猛毒」という「真実」をぜひ自分だけではなく、近くにいる人にも伝えて下さい。

コロナワクチンで悩み、苦しんでいるのは「ワクチン接種者」だけではありません。

私の父もコロナワクチンを接種しました。

接種した人も、接種していない人も、コロナワクチンによって悩み、苦しんでいます。

その苦しみ、悩みに捕われてると、脳は何も考えられない思考停止状態になります。

だから脳に真実を入れる必要があるのです。

脳に「酸素」が必要不可欠なように、脳には「真実」がないと人は生きていけません。

脳に「不安、悩み」がある状態では、脳が呼吸できないのです。

脳に「真実」があるから、人は生きられるのです。

あなたの「脳」を「酸素」と「真実」によって、人生を豊かに過ごせるようにと願い記事を書かせていただきました。

「真実」を知りたい人

自分の人生を真剣に生きたい人は、

ぜひRAPT理論+αを読んでください。

「真実」を発信する「ニュースサイト」です。

あなたの人生が真実によって、豊かで幸せな人生になることを心から祈ります。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

追記:2021年9月14日

コロナワクチンの保管温度が「たった0.1度」超えただけで、

コロナワクチン1200回分が破棄されたそうです。

「マイナス75度」で保管されているコロナワクチンの温度管理が「0.1度」単位のシビアなものであれば、

冷凍庫から取り出して、すぐに接種しないとワクチンの品質が落ちて、使い物にならないはずです。

しかし、コロナワクチンは人間の体内「平熱36度」に入って、温度上昇してしまうのに、予防効果があると政府は言います。

これは明らかに矛盾です。

コロナワクチンの主成分が「酸化グラフェン」であることを隠しているから、このような矛盾が生じるのでしょう。

この記事を書いた人

29歳
仙台在住のアラサーUber
夢は世界を救うヒーローです!
Twitterやブログで活動中です!

コメント

コメントする

目次
閉じる