竹中平蔵の「新自由主義」も、中国共産党の思想か?

この記事を読む所要時間は、およそ 3 分 です。

目次

中国共産党と原発を繋ぐキーパーソン「田中清玄」

田中清玄(1906〜1993)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E6%B8%85%E7%8E%84

戦前:日本共産党の中央委員長

戦後:東京電力と右翼の黒幕

https://www.dailyshincho.jp/article/2021/04061115/?all=1

山口組3代目組長・田岡一雄とズブズブ

鄧小平と6回も会い、アジア連盟の構想を提起

→ASEAN結成

カレルギーとも親交が深い

新自由主義の生みの親「ハイエク」とズブズブな田中清玄

新自由主義の生みの親「ハイエク」のノーベル経済賞の授賞式に招待される「田中清玄」

ハイエクを自宅に招く「田中清玄」

石油枯渇、地球温暖化、太陽光発電などの地球環境問題という詐欺を生み出した「田中清玄」

田中清玄の次男は、早稲田大学の第17代総長

新自由主義の政策を行う竹中平蔵と小沢一郎

ケインズ経済学から新自由主義への流れ

ケインズ経済学:積極的な公共投資

1970年代、2度に渡るオイルショック

不景気なのに、物価が上昇

政府の赤字が膨らむ

政府の介入を最小限にする「新自由主義」

1980年代、新自由主義の政策の登場

・🇺🇸レーガンの規制緩和

・中曽根康弘の日本専売公社、日本国有鉄道、日本電信電話公社の民営化

・小沢一郎の日本改造計画

・小泉・竹中政権の派遣法改正

https://twitter.com/honnoippo/status/1514983566694035459?s=20&t=nilNXeGIUFQzxeWmWeORiQ

この記事を書いた人

30歳
仙台在住のアラサーUber
夢は世界を救うヒーローです!
Twitterやブログで活動中です!

コメント

コメントする

目次
閉じる