毛沢東を操っていた「イスラエル・エプスタイン」とは?ユダヤ陰謀論が触れない中国を建国した日本人の話。

この記事を読む所要時間は、およそ 27 分 です。

目次

毛沢東を操っていた「イスラエル・エプスタイン」

「イスラエル・エプスタイン」の日本語のWikipediaのページがなかったので、

自動翻訳サイトDeePLで和訳したものが以下の文章になります。

中国共産党員だった「イスラエル・エプスタイン」

父はロシア革命を扇動したユダヤ人「ボルシェビキ」

孫文の妻「宋慶齢」と昵懇

雑誌『チャイナ・トゥディ』の名誉編集長

1964年には中国共産党員

諮問機関である中国人民政治協商会議全国委員会の常務委員に選出

ロスチャイルドから資金提供を受けて中華人民共和国を建国する「毛沢東」

毛沢東よりも権力がある「イスラエル・エプスタイン」

中国の政治指導者である周恩来、毛沢東、鄧小平、江沢民、胡錦濤から名誉を称えられた「イスラエル・エプスタイン」の絶対的な権力

「イスラエル・エプスタイン」の葬儀に参列する胡錦涛国家主席、温家宝首相(当時)

諮問機関「中国人民政治協商会議」で中国の法律を作れる「イスラエル・エプスタイン」

諮問機関「中国人民政治協商会議」とは、法律を作る前に、国や政府に助言する組織みたいです。

イスラエル・エプスタインは中国人民政治協商会議の全国委員会の常務委員です。

中国の法律も、イスラエル・エプスタインの意向が大きく反映されていた可能性が高いです。

中国を肯定的に捉えてもらうために、あらゆる国の言語で書かれた雑誌『チャイナ・トゥデイ』の創刊者も「イスラエル・エプスタイン」

中国を肯定的に捉えてもらうために、あらゆる国の言語で書かれた雑誌『チャイナ・トゥデイ』の創刊者は「イスラエル・エプスタイン」

『チャイナ・トゥデイ』をイスラエルエプスタインと共同で創刊したのは、孫文の妻「宋慶齢」

雑誌『チャイナ・トゥデイ』は中国共産党の公式出版物です。

『チャイナ・トゥデイ』は、「Yahoo!ニュース」のようにネットでも情報を発信しています。

以下は『チャイナ・トゥデイ』の英語、スペイン語、中国語、アラビア語のニュースサイトです。

『チャイナ・トゥデイ』のネットの記事は、中国共産党が世界に発信したい中国の情報です。

しかも中国のネット記事を、ユダヤ人が書いている。

ネット上に出回る中国の情報も、情報操作できるユダヤ人「イスラエル・エプスタイン」。

彼の力はメディアにも及んでいます。

こうなってくると『毛沢東語録』を書いたのも中国人ではなく、ユダヤ人のイスラエル・エプスタインが書いたものではないかと思えてきます。

李嘉誠とウエンツ瑛士とそっくりな「イスラエル・エプスタイン」

エプスタイン家は、人身売買を行う上級国民

ロスチャイルドに操られていた「毛沢東」

出典元はこちら

毛沢東は、ロスチャイルドの血が流れているユダヤ人である可能性もあります。

以下のブログの情報が全て正しいとは限りませんが、
毛沢東に資金提供し、中国の伝統文化を破壊し、中国人を大量虐殺させてきたのは「ロスチャイルド」である可能性が高いです。

中国の共産主義も、ソ連の共産主義も「ユダヤ人」によって作られた可能性があります。

私が個人的に気になるのは、

当時の中国はアメリカやヨーロッパだけではなく「日本」からも大きな影響を受けていたはずです。

しかし上記のブログ記事には、日本のことがほとんど触れられていません。

上記のブログ記事は海外の英文のサイトを和訳した記事なので、日本のことが触れられていないのかもしれませんが、中国と日本は切っても切れない関係です。

そのことが分かる「毛沢東」のツイートを紹介したいと思います。

ユダヤ陰謀論が触れない「毛沢東と日本の繋がり」

孫文とそっくりな「毛沢東」

毛沢東にそっくりな孫文と津軽家のつながり

イスラエル・エプスタインと昵懇だった「宋慶齢」は、孫文の妻

メソジストでクリスチャンだった「孫文の義父」

メソジストでクリスチャンだった「日野原重明」

出典はこちら

孫文の妻「宋慶齢」は、イスラエル・エプスタインを中国に呼び戻せる権力者

雑誌『チャイナ・トゥデイ』をイスラエル・エプスタインと共同で創刊する「宋慶齢」

毛沢東の因縁の宿敵「蒋介石」の義姉だった「宋慶齢」は、

なぜか毛沢東によって、文化大革命の保護対象の第一位として保護される。

「宋慶齢」は、中国の副主席

宋慶齢の父「宋嘉澍(そうかじゅ)」は、孫文に最も多くの資金援助をしていた客家(ユダヤ人)

宋慶齢の父「宋嘉澍(そうかじゅ)」は、アメリカから巨額の金を騙し取って巨額の財を築いた詐欺師

孫文を支援する山田良政は「津軽藩士」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E8%89%AF%E6%94%BF

笹川良一は、津軽家の血族

孫文を支援していた「大日本皇道教会」の会員だった牧口常三郎と戸田城聖

孫文は中国建国の父

牧口常三郎と戸田城聖と笹川良一も「津軽家の血族」

笹川良一が信仰する「紅卍字会」の活動拠点は「満州」

1949年ごろの最盛期には信者が600万人いた「世界紅卍会」

世界紅卍会=大本教=出口鬼三郎

毛沢東を操るイスラエル・エプスタインよりも力が強い「宋慶齢」は、孫文の妻

孫文に資金提供する「宋嘉澍」はアメリカのクリスチャンを騙して財を成した客家(ユダヤ人)

孫文を援助する山田良政、牧口常三郎、戸田城聖も「津軽家の人脈」

津軽藩=卍

笹川良一=世界紅卍会=卍
世界紅卍会=道教
道教はユダヤ人が作った宗教
道教の西王母へ生贄を運ぶ「青い鳥」

「青い鳥」でつながる「卍の勢力」

松下幸之助=生長の家=青い鳥
笹川良一=文鮮明=統一教=青い鳥
Twitter=青い鳥
横田早紀江=全能神教会=青い鳥

出典はこちら

生長の家も、統一教会も「卍の勢力」

松下幸之助=反共産主義=松下政経塾=トインビー=池田大作

鄧小平と家族ぐるみの仲である笹川良一

https://blog.canpan.info/sasakawa/archive/1735

日本の競艇の売上の一部を、中国の鄧小平に提供する「笹川良一」

1966年に台湾の蔣介石と反共産主義組織である世界反共連盟(WACL)を発足させる「笹川良一」

蔣介石の妻「宋美齢」は、「宋嘉澍」の三女

アメリカのメディアを操る「宋嘉澍の三女」

アメリカのTIME誌の表紙にルーズベルト大統領も多く登場する「蒋介石と宗美齢」

出典はこちら

メソジストの宋嘉澍の3人の娘で、中国、台湾、アメリカが支配されていると言っても過言ではありません。

中国、台湾、アメリカを支配する「宋嘉澍の3人娘」

宋嘉澍の祖先は、明の天文学者「徐光啓」

徐光啓はイエズス会

イエズス会の徐光啓の子孫の「宋嘉澍の3人娘」が支配する中国、台湾、アメリカ

キリスト教を破壊した「イエズス会」

イエズス会=フランシスコ・ザビエル=人肉食信仰「クロ宗」=麻生太郎

二進法(由来は道教)をライプニッツに教えたのはイエズス会

出典はこちら
出典はこちら

参考:イスラエル・エプスタインのWikipediaの和訳

イスラエル・エプスタイン

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

イスラエル・エプスタイン

Israel Epstein face detail, from- (BOTTOM) MENAHEM BEGIN IN POLISH ARMY UNIFORM OF GEN. アンデルス軍と妻のアリーザ、ダヴィッド・ユータン。(上) モシェ・シュタインとイスラエル・エプシュタイン。(JABOTINSKYD98-131 (cropped).jpg)

1942年12月12日、イスラエル・エプスタイン

中国人民政治協商会議第6、7、8、9、10期常務委員会メンバー

在任期間

1983年6月~2005年5月26日

個人情報

1915年4月20日生まれ

ロシア帝国ヴィスワランド州ワルシャワ(現ポーランド)出身

2005年5月26日逝去(享年90歳)

中国・北京

政党 中国共産党

職業 ジャーナリスト、作家

中国名

繁体字中国語 伊斯雷爾-愛潑斯坦

簡体字中国語 伊斯雷尔-爱泼坦

転写

ロシア語名

ロシア語 Израиль Эпштейн

ローマ字表記 Izrail’ Èpštejn

イスラエル・エプスタイン、1936/1937年、当時の中華ソビエト共和国の首都、延安にて

イスラエル・エプスタイン(Israel Epstein、1915年4月20日 – 2005年5月26日)は、ポーランド生まれの中国のジャーナリスト、作家である。中国以外の外国生まれの中国人で、中国共産党の党員となった数少ない人物の一人である。

目次

1 幼少期と教育

2 経歴

3 投獄される

4 栄誉

5 出版された作品

5.1 初版は英語版

5.2 中国語で出版され、英語に翻訳されたもの

6 参照

7 参考文献

8 出所および外部リンク

1.幼少期と教育

イスラエル・エプスタインは1915年4月20日にワルシャワでユダヤ人の両親のもとに生まれた12。当時、ワルシャワは帝政ロシアの支配下にあった(現在のポーランドの首都)。当時、ワルシャワは帝政ロシアの支配下にあり、父親は労働者蜂起の指導者として帝政ロシア当局に投獄され、母親はシベリアに流された。第一次世界大戦が始まると、父は会社から日本に送られ、ドイツ軍がワルシャワに迫ると、母とエプスタインは逃げ出し、アジアで父と合流した。一家はいくつかの場所でユダヤ人排斥感情を経験し、1917年、エプスタインは2歳の時に両親と中国に渡り、1920年に天津(旧天津)に定住した。エプスタインはそこで育てられた2

2.経歴

イスラエル・エプスタインは15歳のとき、天津を拠点とする英字新聞『北京・天津時報』に寄稿し、ジャーナリズムの仕事を始めた。また、日本軍の中国侵略をユナイテッド・プレスなどの欧米の通信社に取材した。1938年秋、孫文の未亡人である宋慶齢が設立した中国防衛連盟に参加し、中国の大義を宣伝し国際的な支援を得ることを目的とした2。 1941年には、自分を逮捕しようとする日本軍のために自分の死を偽装し、おとりとした。この誤報は、『ニューヨーク・タイムズ』紙に掲載された短い記事にもなっている。

エプスタインとスノーは、エドガー・スノーの本の書評を担当することになり、個人的に知り合うようになり、スノーから出版前の代表作『中国上空に赤い星』を見せられた。スノーの進歩主義に深い影響を受け、中国の民主化運動に関わるようになり、スノーの雑誌『民主主義』の編集者となる2

1934年、エプスタインはエディス・ビホフスキー・エプスタイン(後にバリン)と結婚したが、1940年代初頭に離婚している。1944年、エプスタインは初めてイギリスを訪れ、その後、2番目の妻エルシー・フェアファックス=チョルメリーとともに5年間アメリカに住んだ。

日帝強制収容所から脱走後、連合労働新聞社に勤務し、編集長に就任。1947年、『未完の中国革命』を出版。この本は、ニューヨーク・タイムズ紙で、ジョンズ・ホプキンス大学のオーウェン・ラティモアによって熱烈に評価された。1951年、共産主義者の脱北者エリザベス・ベントレーは、アメリカ上院の内部安全保障小委員会において、「イスラエル・エプスタインは中国で長年ロシアの秘密警察のメンバーであった」と証言している3

その後、彼の妻フェアファックス=チョメリーは、中国で出版された最も広く使われている中英辞典の寄稿者として、中国や世界中の中国語を学ぶ世代に知られるようになる。1984年にフェアファックス=チョルメリーが亡くなった後、エプスタインは3番目の妻である黄煥碧と結婚した4

1944年、毛沢東(右上)と共に延安を訪れたエプスタイン(前列右2番目)

1951年、宋慶齢の招きで中国に戻り、雑誌『中国再建』(後に『チャイナ・トゥデイ』と改題)の編集に携わることになった。その後、70歳で退職するまで『チャイナトゥデイ』の編集長を務め、名誉編集長に留任した。China Todayでの在職中、1957年に中国国籍を取得し、1964年には中国共産党の党員となった2。1955年、1965年、1976年にチベットを訪問し、1983年にこの3回の訪問に基づいて『Tibet Transformed』という本を出版した5

3.投獄

エプスタインは、大日本帝国と中華人民共和国によって、二度にわたって投獄された。

1941年の真珠湾攻撃後、大日本帝国当局によって強制収容所に入れられた。他の囚人たちと共に脱走した2

文化大革命の際、周恩来に謀反を起こした罪で、1968年に北京北部の秦城刑務所に収監され、独房監禁を受けた。1973年、彼は釈放され、周は謝罪した。5年間の投獄にもかかわらず、彼は死ぬまで共産主義の理想に忠実であった6。イスラエル・エプスタインは、1983年に諮問機関である中国人民政治協商会議全国委員会の常務委員に選出された。

4.栄誉

イスラエル・エプスタインは生前、中国の政治指導者である周恩来、毛沢東、鄧小平、江沢民、胡錦濤から名誉を称えられた。彼の葬儀は、2005年6月3日午前9時半に北京市石景山区にある馬場山革命家墓地で行われました。葬儀には、胡錦涛国家主席、温家宝首相(当時)、賈慶林・李長春両政治局常務委員など多くの官僚が参列した。葬儀終了後、ご遺体は火葬されました。

5.出版された作品

人民の戦争 中国における戦争から漢口陥落までの記録]、V.ゴランツ、1939年、384p。

私は円安を訪ねる-中国北西部の共産主義者主導の解放区の目撃談』人民出版社[ボンベイ]、1945年、94p.

中国国民党の労働問題ノート, ガーランド出版社, 1980, 159 pp.

My China Eye: ユダヤ人とジャーナリストの回想録, ロングリバープレス, 2005, 358 pp.

歴史は忘れてはならない、五洲传播出版社、2005年、286ページ。

5.1.英語版初出

中国の未完の革命, リトルブラウンアンドカンパニー (1947), ハードカバー, 442 pp.

中国語で出版され、英語に翻訳された。

アヘン戦争から解放へ, 新世界出版社(北京、1956年)、ハードカバー、146ページ。

Tibet Transformed, New World Press (Beijing, 1983), trade paperback, 563 pp, ISBN 0-8351-1087-7 (チベットの変貌、新世界出版社)。

世界史の中の女性 宋慶齢、新世界出版社(北京、1993)、ハードカバー、ISBN 7-80005-161-7

こちらもご覧ください

リウイ・アレー

シドニー・リッテンバーグ

シドニー・シャピロ

中国におけるユダヤ人

イスラエル・エプスタインのドキュメンタリー映画『ラウンド・アイズ・イン・ザ・ミドルキング』(原題:Round Eyes in the Middle Kingdom

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

この記事を書いた人

30歳
仙台在住のアラサーUber
夢は世界を救うヒーローです!
Twitterやブログで活動中です!

コメント

コメントする

目次
閉じる