10年前にはコロナウイルスのワクチンと治療薬は開発済み。治療薬の開発者は日本人。コロナウイルス大感染は、ビル・ゲイツによるマッチポンプ。

記事
出典元: https://twitter.com/3202ikf/status/1222434637412106240?s=21
出典元:wake up Japan コロナウィルスの特許(追記あり)

上記の英文をGoogleの自動翻訳で日本語に訳すると

         ⏬

コロナウイルスが2015年に特許申請され、2018年に特許が出ていることが記載されている。

上記の画像の「特許日:2018年11月20日」の一段下の行には、コロナウィルスの特許を持っているは『Priblight Institute』と書かれている。

この『Priblight Institute』は、ビル・ゲイツと妻メリンダによって創設された慈善基金団体『ビル&メリンダ・ゲイツ財団』と利害関係を持っている。つまり、ビル・ゲイツはコロナウイルス開発や特許に関わっている

出典元:wake up Japan コロナウィルスの特許(追記あり)

※上記の画像の赤線部分がBill and Melinda Gates Foundation

出典元:Wikipedia「ビル&メリンダ・ゲイツ財団

また、コロナウイルスのワクチンも治療薬も10年以上前に開発されていたことが以下の画像で分かります。

出典元:wake up Japan コロナウィルスの特許(追記あり)

上記の英文もGoogleの自動翻訳で日本語に訳すると

           ⏬

2005年『コロナウイルスのワクチン』開発

2009年『コロナウイルス治療薬』開発

コロナウイルスの治療薬の開発者は、藤井信孝、山本直樹。

藤井信孝は、京都大学大学院薬学研究名誉教授。

山本直樹は、国立感染症研究所エイズセンター長。エイズワクチン開発協会の副理事長。

また、2019年10月18日にはビルゲイツ財団が後援する「イベント201」と呼ばれるコロナウイルスパンデミックシミュレーション演習が実施されていました。その3ヶ月後に新型コロナウイルスの大感染。こんな偶然ってあるのでしょうか?

そして、コロナウイルスが大流行した今のタイミングで、ビル・ゲイツは中国とアフリカのコロナウイルス拡散防止の為に1000万ドルを拠出すると発表。

ここまで来ると、もうビル・ゲイツが善人に見える人はいないでしょう。

ウイルスの特許とワクチンの特許を両方持っていることが暴かれたので、コロナウイルスの大流行はビル・ゲイツのマッチポンプであることがハッキリしました。

コロナウイルスはエボラ出血熱と同様に、ワクチン接種者だけが感染していく人造ウイルスの可能性が大です。エボラ出血熱は人から人へ感染しないと分かっていたので、アメリカ政府はアフリカへのフライトを中止しませんでした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

—–追記(2020年4月30日)—————————-

ビル・ゲイツはコロナが発生する直前に中国入りしていました。

またビル・ゲイツは東京オリンピック2020の巨大スポンサーで、2020年4月29日に天皇家から勲章を授与されています。彼の別荘は軽井沢にあります。ビル・ゲイツは日本に関わりが深いことが分かります。

ビル・ゲイツは安倍晋三とも繋がります。

出典元:【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

—–追記(2020年5月3日)—————————–

アビガン を製造する富士フイルムとビル・ゲイツも繋がります。

富士フイルムは安倍晋三とズブズブです。

アビガン 宇部興産 富士フィルム 安倍首相 日本 山口県 宇部市 新型コロナウイルス 20200422|極論空手形 / Extreme Argument Fictitious Bill|note
#fictitiousness #感染 #Outbreak #Coronavirus #Covid19 #LockDown #Japan #ShinzoAbe #PrimeMinister #厚生労働省 #厚労省 #アビガン #原材料 #宇部興産 #富士フィルム #安倍首相 #アベノライン #アベノエフェクト #日...

—–追記(2020年3月30日)—————————–

【新型コロナと治療薬アビガンについて】

新型コロナの治療に有効なアビガン量産へ。しかしアビガンは副作用が強烈な劇薬。

新型肺炎の治療薬アビガンの副作用が「肺炎」

アビガンを製造する富士フィルムは安倍晋三と昵懇。

医者からアビガンを処方されたら肺炎になって、猛スピードで重症化。

治療薬アビガンで重篤な肺炎をつくりだす。

【2019年10月18日のビルゲイツ財団が後援する「イベント201」と呼ばれるコロナウイルスのパンデミックシミュレーション演習が今現実になってきている】

「予想」ではなく「予告」か

2019年10月18日 NYにて行われていたパンデミックシミュレーション “EVENT201” A GROBAL PANDEMIC EXERCISEより以下転載


このシミュレーションでは主要銀行、WHO国連、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、ジョンソンアンドジョンソン、ロジスティックスパワーハウス、メディアの代表者など(下記添付写真参照)で構成された緊急委員会のメンバーでのイベント内部の映像を見ることができ、この演習のために作成されたニュースレポートも含まれている。
2020年現在のコロナウイルスの発生しているレポートと酷く似ているため、この点に留意して動画を観ると非常に興味深い点がある。

スクリーンショット 2020-03-15 2.38.53


今現在、実際に起こっている展開がこの “Event201” で既に予測されていて、さらに今後この演習の通りのシナリオ通りになっていく可能性もある。

そして最も恐ろしい事はこの演習の委員会メンバー同士での協議の内容だ。
誤った情報コミュニケーションが大きな混乱を招くと定義しており、個人間でのSNSを含めた情報発信、ソーシャルメディアでのデマを拡散するアカウントを停止する規制を行い国民の管理を行う協議をしている。
前回の記事で記述した武漢でのデモと国民を中国共産党が行った鎮圧に通じる物がある。各国での情報操作、管理を掲げて協議している恐ろしい内容だ。
これが2019年10月18日にシミュレーション演習として行っていたという事実が何より恐ろしい。

スクリーンショット 2020-03-15 3.05.07

以下の動画は「Event201」の内容を日本語字幕で解説されている。

コロナウイルス:コロナ・コンスピラシー

2019年10月のコロナウイルス のシュミレーションのはずだが、怖いほど今のコロナパンデミックの現状と合致する。

このシミュレーションが2019年10月でビル・ゲイツが関わっていたとなると、今現在のコロナパンデミックはシナリオ通り実行されている可能性が高いと言わざるを得ないです。

┈┈(追記2020年4月15日)┈┈┈┈┈┈┈

コロナパンデミックが捏造されたものであることが以下の動画で解明されました。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

動画内では、ビル・ゲイツはもちろん安倍晋三や麻生太郎がコロナパンデミックの主犯であることが、あらゆる視点で証明されています。

なぜビル・ゲイツや堀江貴文などのIT起業家がワクチンに手を出すのか?

それはワクチンとコロナを利用して、人口を減らし、人を雇わなくても生きていけるスマートシティの実現させるためです。

現に、5Gが普及している地域とコロナ感染している地域が一致しています。

コロナの謎や不安が解消されたい方は、ぜひ動画をご覧ください。

コメント