ネットの情報はコロナについての嘘だらけ。しかし、その嘘を見抜いたのは「ネット上で情報発信する一般人」です。

この記事を読む所要時間は、およそ 15 分 です。

ネット上では嘘だらけで信用できない。

ということで、コロナについてのネット上の嘘をまとめてみました。

【ネットの嘘その1】

「Twitterでは20代の友人がコロナで死亡するケースが続出」

実際には日本国内に20代のコロナ死亡者は0人。

【ネットの嘘その2】

日赤医療センタードクターを名乗る医者からチェーンメールがFacebook、Twitter、LINEで拡散。

実際には、このチェーンメールはデマです。日赤(日本赤十字社)自体がこのチェーンメールは無関係であると発表を出しています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00000027-it_nlab-sci

【ネットの嘘その3】

ネット上に「コロナ感染の作り話」を書いて小遣い稼ぎをしている人の存在。

https://twitter.com/blue_noracat/status/1244610988520828931?s=21

「私、コロナに感染しました。体温37.5度。息苦しいです。」

「職場の20代の後輩がコロナに感染して入院したってさ」

「微熱がずーっと続いて、コロナ疑惑なので自宅で待機しています」

などの嘘をTwitterなどに書いて、お金を稼ぐ人がいます。

以下の人達が全員が嘘と断定できませんが、このようなコロナの不安を煽るTwitterアカウントが異常に多いです。

【ネットの嘘その4】

良いところがない安倍晋三を褒める不自然なツイートが大量発生。

具体例「コロナこわいけどぉ、安倍のイヌ見たら元気出た」

https://twitter.com/world_peace2020/status/1249167492855054337?s=21

そのツイートの正体は「安倍晋三のいいところがわかるエピソード」をランサーズが募集していたから工作員のツイートです。ランサーズの社長「秋好陽介」は安倍トモです。

https://withktsy.com/archives/3613

ちなみに「24億の効果」とは

「本件予算は新型コロナウイルス感染症について日本の状況や取組について正確な情報を発信し、海外で誤った対日認識を持たれないようにするためのものです」(外務省報道課)

という名目で、SNSを監視し「(政府にとって)誤った情報」を反論して、「(政府にとって)正しい情報」を発信するための24億円の国家予算です。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/271841

【ネットの嘘その5】

内閣府とも繋がる「ランサーズ」がテレビの専門家の意見をまとめて、コロナの情報をTwitterに投稿する仕事を募集。誰も求めていない「緊急事態宣言を求める声」がTwitter上に大量発生。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022500238&g=pol

緊急事態宣言を出したい政府。

安倍晋三と会食したランサーズ社長。

ランサーズがTwitterでコロナの情報を書く案件を募集。

Twitter上に溢れる「緊急事態宣言を求める声」

しかし、ネットやテレビ以外では、誰も緊急事態宣言を求める声が聞こえない。

Twitter上で世論操作をするために、大量にランサーズが雇った工作員の存在が明らかに。

【ネットの嘘まとめ】

テレビや新聞が報道するように、ネット上にはコロナのデマが拡散していました。

しかし、ネット上の嘘を見破ったのはテレビや新聞ではありません。

「ネット上で情報発信する一般人」がネット上の嘘を暴きました。

そして、嘘はネット上だけではなく、テレビにも新聞にもあります。

マスコミの嘘も紹介していこうと思います。

【テレビの嘘その1】

報道番組「とくダネ」で「自粛生活を耐えられると思う期間に関するアンケート結果のグラフ」が嘘だらけ。

・「5月6日まで」と「あと1年間」は同じ12.1%なのに、グラフの大きさが3倍くらい違う

・円グラフの合計が100%を超える。

12.1%+32.8%+19.8%+8.1%+12.1%+24.0%=108.9%

https://snjpn.net/archives/194750

そもそも、外出自粛を必要な分だけ、いつまでも出来る人が「24.0%」もいることが不自然。24%というと4人に1人の割合の人が、1年以上は家から出ない生活を送れることになる。

そんな人は、政府から104万円支給された芸妓さんか、1兆円以上の資産を持つ大企業の経営者など政治家とくっついている人たちだけである。

【テレビの嘘その2】

テレビのコロナ特番で再現ドラマが放送される。コロナパンデミックでドラマもアニメも制作できないと言われているのに、即席とも思えない完成度の高い再現ドラマ。

撮影日がコロナパンデミック期間中なら問題があり。

撮影日がコロナパンデミック前となると、コロナパンデミックが起きることを事前に知ったことになるので大問題です。

【マスクについての嘘】

マスク着用してくださいと呼びかけている政治家が、しっかりマスクを着用できていない矛盾。

・穴が開いている通気性抜群のマスクをつける東京都知事

・マスクを外す麻生太郎

・国会の休憩時間になった途端、マスクを外す「安倍晋三

・マスク姿を見たことがない安倍昭恵

【3蜜の嘘】

厚生労働省の公式見解は「3蜜が同時に重なる場を避けてください」が、いつの間にか「3つのうちどれかに該当するならダメ」に変更。

しかも、国会や平日の満員電車は3蜜ではないが、屋外の公園、海、山では3蜜になる矛盾。

3蜜の危険性を呼びかけるテレビ朝日の女子アナも、3蜜を破って飲み会。

【コロナパンデミックの危険性の嘘】

2020年5月5日のニューヨークの公園でくつろぐ大勢のニューヨーカー

大型連休で1億2000万人が外出する中国

コロナパンデミックで人が次々と死亡するマスコミ報道が真実なら、こんな賑わいのある光景はあり得ません。コロナ感染者を受け入れると病院は多額のお金を手に入れることができます。コロナ死亡者は水増しされています。

https://twitter.com/yobu_dai/status/1251145486301458434?s=21

またコロナのPCR検査はインフルエンザウィルスにも陽性反応を示します。PCR検査をすれば、インフルエンザでもコロナ感染者になります。

【9月入学についての嘘】

安倍晋三、東京都の小池百合子知事、大阪府の吉村洋文知事も9月入学の導入を求めています。コロナ感染拡大の防止の為、9月入学を導入する必要性を訴えています。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58674580Q0A430C2CC1000/

9月入学を導入したい本当の狙いは、中国人(李家)の留学生を大量に日本に受け入れたいからです。

小池百合子は李氏朝鮮王朝の李家の血を引いています。彼女は愛新覚羅溥儀の弟の妻・嵯峨浩にそっくりです。

https://twitter.com/9n7ewqtutsamatw/status/1244018242810564608?s=21

安倍晋三、麻生太郎、天皇家も李家・ユダヤの一族です。

彼ら李家が日本の支配者の正体です。李家の一族が政治・経済・芸能界などあらゆる分野を支配してきたことが以下の動画で明らかにされました。コロナパンデミックの犯人も李家である「出口王仁三郎」です。

vimeo.com/448222969

支配層・李家は近親相姦をしている為、血が濃く容姿が色濃く遺伝される可能性が極めて高いです。

https://twitter.com/satoru333777/status/1131854226894680064?s=21

コロナという大嘘で、世界を騙しているのは李家です。

一人でも多くの人がコロナパンデミックの嘘に気づくことを心よりお祈り申し上げます。

この記事を書いた人

29歳
仙台在住のアラサーUber
夢は世界を救うヒーローです!
Twitterやブログで活動中です!

コメント

コメントする

目次
閉じる