短編ドラマ「明日から16歳でもワクチンを打てる!」の主演は「16歳の飲食業」。脚本は東京都で、放送番組は報ステの街頭インタビュー。

  • 短編ドラマ:明日から16歳の若者も渋谷でワクチンを打てる!
  • 主演:ウレタンマスクの女性
    • 役名:16歳の飲食業
  • 舞台:2021年8月26日のコロナ禍の渋谷
  • 脚本:東京都
  • 撮影:テレビ朝日『報道ステーション』
    • 放送日時:2021年8月26日(木)21:54〜23:10
    • 放送内容:渋谷の一般人への街頭インタビュー
  • 協賛:渋谷区立勤労福祉会館(若者のワクチン接種会場)
  • PR内容:渋谷駅近くに「8月27日」に開設!予約いらずの若者対象のワクチン会場!
  • 告知方法:8月27日に渋谷のワクチン会場に並ぶ300人の行列のニュース報道
    • 300人のエキストラのバイトを募集
  • 狙い:予約殺到するコロナワクチンという風潮づくり
出典元はこちら
出典元はこちら
出典元はこちら

テレビでは予約殺到しているコロナワクチンですが、

実際の渋谷のコロナワクチン接種会場は予約はなく「ガラガラ」の状態です。

渋谷駅前のワクチン接種会場に並ぶ300人の行列は、エキストラのバイトによる『ヤラセ』であることが発覚しました。

「12〜64歳の半数以上がワクチン接種を拒否する現状」を隠蔽する「マスコミ」

テレビの世界
現実の世界
  • 渋谷のワクチン会場に並ぶ
    300人の行列
  • 「16歳の飲食業」の一般人が
    「絶対に受けたい」コロナワクチン
  • 300人のエキストラのバイトによる『ヤラセ』
  • 12〜64歳の半数以上が
    ワクチン接種を拒否する現状

コロナワクチンの”異物混入”報道などで、コロナワクチン接種をキャンセルする件数は1000件を超えています。

コロナウイルスは渋谷にも、東京都にも、47都道府県にも存在しません。

  • 47都道府県が「公文章」で回答
あなたが住む都道府県も
コロナウイルスは存在しません

日本の総理大臣も、

明石家さんまも、

コロナワクチンを拒否しています。

職場でも、学校でも、家庭でも

コロナワクチンを接種しないといけない風潮が強いかもしれませんが、

コロナワクチンは「義務」ではなく「任意」です。

コロナワクチン接種を強制されても、ワクチンを接種するかどうかは「個人の自由」です。

日本国憲法も厚労省も、コロナワクチン接種は「義務」ではなく「任意」としています。

ワクチン接種するかはどうかは「自分で選択」できます。

「コロナワクチン接種をしない」という決断をすることは、勇気がいることだと思います。

仕事を失うこともあるでしょうし、

周囲の目も厳しくなる可能性が大いにあります。

それでもワクチンは打ちたくないという人は、以下の対談を見てください。

ワクチンを打とうかどうかの悩みも、

あなたの人生の悩みも

解決する糸口が見出せると思います。

あなたの人生を変える「力ある言葉」に出会えるはずです。

ここまでの私の文章を読まれた方は、真剣にワクチンが安全なのか、危険じゃないないのか考え、自分の人生を真剣に考えて生きてこられた方だと思います。

対談者のRAPT氏は、私の知る限りでは世界一、自分の人生について真剣に考えて、自分の人生に全力で生きてこられた人です。

YouTuberやメンタリストDaiGoの言葉の力とは比べ物になりません。

真剣に100%の全力を出し切った人生を走れば走るほど、より大きく「人生を変化」させることができます。

毎日”変化のない退屈な人生”ではなく”変化ある喜びのある人生”を送りませんか。

あなたが20歳、30歳、40歳、50歳、60歳、70歳、80歳、90歳、100歳と歳を重ねるごとに

「全力で生きていきた私の人生に悔いはない」とはっきり断言して生きられる人生を送ってほしい。

介護職をしていた私は、そんな人生を生きたいと願って生きています。

全力で人生を走る喜びを、あなたと分かち合いたい。

そう願って、このブログ記事を書きました。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

この記事を書いた人

29歳
仙台在住のアラサーUber
夢は世界を救うヒーローです!
Twitterやブログで活動中です!

コメント

コメントする

目次
閉じる