ワクチン販売で127億ドルの富を築いた「インド血清研究所」の創業者を支配下に置く「ビル・ゲイツ」。ビル・ゲイツなき今、暗礁に乗り上げるコロナワクチンの輸出計画。

この記事を読む所要時間は、およそ 39 分 です。

ブログ読了時間は「英文」「日本語訳」の文章を含んだ時間なので、
実際のブログ読了時間は目安は「10分〜12分」ぐらいです。

私もつい最近まで知らなかったのですが

インドには、世界最大のワクチンメーカー「インド血清研究所(セラム・インスティチュート・オブ・インディア)」があります。

日本語で調べても、なかなか分からなかった「インド血清研究所」と「ビル・ゲイツ」の蜜月関係を記事にしてみました。

あまり馴染みのない「インド血清研究所」という名前ですが、

アストラゼネカが開発したコロナワクチンをインドで製造しているのは「インド血清研究所(セラム・インスティチュート・オブ・インディア)」です。

インド血清研究所で製造されたコロナワクチンは、インド国外の数多くの国に輸出されています。

コロナパンデミックの今、世界中のコロナワクチンを製造している「インド血清研究所」はもっと注目を浴びても、おかしくない企業です。

しかし「インド血清研究所(セラム・インスティチュート・オブ・インディア)」のことを日本語のWikipediaで調べても情報が少ないです。

日本語のWikipediaで分かること

セラム・インスティテュート・オブ・インディア (英:Serum Institute of India )は、インドの医薬品メーカー。略称はSIIインド血清研究所(インドけっせいけんきゅうじょ)と表記されることもある。世界最大のワクチンメーカーである。

設立は1966年

創業者はCyrus S. Poonawalla

今の社長はAdar Poonawalla

日本語のWikipediaではインド血清研究所のことがイマイチ分かりません。

そこで、英語版のWikipediaのインド血清研究所のページをDeepLで自動翻訳してみました。

英語版のWikipediaで分かること

Serum Institute of India (SII) is an Indian biotechnology and biopharmaceuticals company. It is the world’s largest manufacturer of vaccines located in the city of Pune, India and was founded by Cyrus Poonawalla in 1966. The company is a subsidiary of the holding company Poonawalla Investment and Industries.

Serum Institute of India(SII)は、インドのバイオテクノロジーおよびバイオ医薬品の企業です。インドのプネ市に位置する世界最大のワクチンメーカーであり、1966年にCyrus Poonawallaによって設立されました。同社は持株会社Poonawalla Investment and Industriesの子会社です。

「インド血清研究所」は、1966年に「Cyrus Poonawalla」という人物によって設立されたことが分かりました。

インド血清研究所の創業者「Cyrus Poonawalla(サイラス・S・プーナワラ)」とは、どんな人物なのか?

出典はこちら

日本語のWikipediaのページでは情報がなかったので、英語版のWikipediaを自動翻訳すると

Cyrus S. Poonawalla (born in 1941) is an Indian billionaire businessman, and the chairman & managing director of the Cyrus Poonawalla Group, which includes the Serum Institute of India, an Indian biotech company which is the largest vaccine manufacturer in the world.In 2021, he was ranked number eight on Forbes’ India rich list with a net worth of $12.7 billion.

サイラス・S・プーナワラ(1941年生まれ)は、インドの億万長者の実業家であり、世界最大のワクチンメーカーであるインドのバイオテクノロジー企業「Serum Institute of India」を含むサイラス・プーナワラ・グループの会長&マネージング・ディレクターである。 2021年、フォーブスのインド富豪ランキングで8位にランクインしており、純資産は127億ドルである。

インド血清研究所の創業者「サイラス・S・プーナワラ」は、インドの億万長者であることが分かります。

さらに調べていくと彼の息子「Adar」は「インド血清研究所」の現社長であることも分かりました。

世界のワクチン工場「インド血清研究所」の創業者
  • 1941年生まれで2021年現在80歳
  • 純資産は127億ドル
  • 2021年のフォーブスのインド富豪ランキング8位
  • 1966年にインド血清研究所を設立
  • 麻疹、ポリオ、インフルエンザなどのワクチンを年間15億回以上製造
  • 息子のAdarは「インド血清研究所」の現社長

Poonwalla founded the Serum Institute of India in 1966 and built it to the largest vaccine manufacturer in the world by doses. Serum produces over 1.5 billion doses annually of a range of vaccines, including for measles, polio and flu

Poonwalla(プーナワラ)は、1966年にインドのSerum Institute of India(註:インド血清研究所)を設立し、投与量で世界最大のワクチンメーカーに育て上げました。

セラム社(註:インド血清研究所)は、麻疹、ポリオ、インフルエンザなど、さまざまなワクチンを年間15億回以上製造しています。

Cyrus Poonawalla was born in a Parsi family. His father Soli Poonawala was a horse breeder. He was married to Villoo Poonawalla, who died in 2010.They have a son, Adar, who currently works as the CEO of Serum Institute of India.

サイラス・プーナワラはペルシャ人の家庭に生まれた。父親のソリ・プーナワラは馬のブリーダーだった。2010年に亡くなったVilloo Poonawallaと結婚した。

二人の間には息子のAdarがおり、現在はSerum Institute of India(註:インド血清研究所)のCEOとして働いている。

インド血清研究所の創業者「Cyrus Poonawalla(サイラス・S・プーナワラ)」は「 Poonawalla(プーナワラ)グループ」の会長です。

Poonawalla(プーナワラ)グループで製造・販売されるワクチンは15億本以上で世界最大だと、自社の公式サイトに書かれています。また、プーナワラ会長は185億ドルの純資産を持つ世界113番目の大富豪だと自社のサイトでアピールしています。

私のブログでも、微力ですが、ワクチン製造・販売で世界の億万長者になった「プーナワラ会長」をもっと調べて、日本人にアピールしようと思います。

Chairman of Poonawalla Group which includes Serum Institute of India, India’s top biotech company and the world’s largest vaccine manufacturer by number of doses produced and sold globally (more than 1.5 billion doses).

インド最大のバイオテクノロジー企業であるSerum Institute of Indiaを含むPoonawallaグループの会長であり、世界で製造・販売されているワクチンの数では世界最大(15億本以上)。

“Hurun Global Rich List – 2021 listed Dr. Poonawalla as the 113th richest person in the world with a net worth of $ 18.5 billion”.

“Hurun Global Rich List – 2021 “では、プーナワラ博士は185億ドルの純資産を持つ世界で113番目の富豪として掲載されています。

プーナワラ会長」と「ビル・ゲイツ」とのツーショット写真も公式サイトに掲載されています。

ビル・ゲイツとの関係を調べてみると、

Bill Gates visits Serum Institute, meets vaccine hero Poonawalla
Pune: Friday, June 1, 2012
Bill Gates on Thursday visited the Serum Institute of India in Pune, met its CMD Dr. Cyrus Poonawalla whom he referred to as one of the seven vaccine heroes, and evinced interest in several products it is developing, “It’s great to be here and there are many new products the Foundation is interested in,” he Microsoft founder and co-chair of the Bill and Melinda Gates Foundation said in an interaction with the media.
Gates is likely to cement ties with the Institute for developing an injectable polio vaccine, more effective than polio drops.
Gates expressed interest in the Human Papilloma Virus (HPV) vaccine being developed at the Institute. “There is a need for cost-effective vaccines against various infectious diseases and the Foundation is interested in several new products developed at the Serum Institute…,” Gates said.

ビル・ゲイツ氏が血清研究所を訪問、ワクチンの英雄Poonawalla氏(註:プーナワラ会長)と対面

プネ 2012年6月1日(金

ビル・ゲイツ氏は木曜日、プネにあるインド血清研究所を訪問し、7人のワクチン・ヒーローの1人と称されるCMDのサイラス・プーナワラ博士と面会し、同研究所が開発中のいくつかの製品に興味を示しました。「ここに来られて素晴らしいし、財団が興味を持っている新しい製品がたくさんあります」と、マイクロソフト社の創業者であり、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の共同会長であるゲイツ氏は、メディアとの対話で述べました。

ゲイツ氏は、ポリオの点滴よりも効果的な注射タイプのポリオワクチンの開発に向けて、研究所との関係を強化するようです。

ゲイツ氏は、同研究所で開発されているヒト・パピローマ・ウイルス(HPV)ワクチンに興味を示しました。ゲイツ氏は、「様々な感染症に対する費用対効果の高いワクチンが必要とされており、財団は血清研究所で開発されたいくつかの新製品に興味を持っています」と述べています。

この記事から分かったことは3つあります。

この記事から分かる3つのこと
  1. 2012年にビル・ゲイツはインドのインド血清研究所に訪問し、インド血清研究所のワクチンを絶賛
  2. ポリオの点滴より、効果があるとされる注射型のポリオワクチンの開発のため、ゲイツ財団とより関係を深める「インド血清研究所」
  3. インド血清研究所で開発されている子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)に興味を示す「ビル・ゲイツ」

2000年から2017年の17年間、ビル・ゲイツはインドの子ども達にポリオワクチン接種し続け、49万人以上の子どもに副作用の麻痺を生じさせました。

https://twitter.com/jknews__/status/1427618661833998345?s=21
出典はこちら

ポリオワクチンはポリオを予防する効果なく、

むしろポリオワクチンは猛毒であることが RAPT理論+αで明らかになっています。

以下の画像は、2021年アメリカ・グアンタナモ湾で開かれた裁判で、米軍が証言した「ビル・ゲイツのポリオワクチン接種の実態」です。

ビル・ゲイツは2011年にインドの子どもたちにポリオワクチンを接種させ、4万人以上の子どもを不具者、死者にしました。

つまり、インドで深刻な被害をもたらした「ボリオ」も、ゲイツの経口ワクチンによって捏造された病気だったということです。

なかなか受け入れられないかもしれませんが、

ポリオは存在しない病気です。

ポリオワクチンによって、ポリオという病気が捏造されたことが明らかになりました。

このインドの数万人の子どもを苦しめてきた猛毒のポリオワクチンを製造していたのが、ビル・ゲイツが2012年に訪問したインドのワクチン製造会社「インド血清研究所」である可能性が高いと考えられます。

ビル・ゲイツの後ろ盾があったから、ポリオワクチンでもコロナワクチンでも製造・販売して、世界有数の億万長者になれた「プーナワラ会長」と考えると納得しやすいです。。

また、2012年にインド血清研究所の「HPVワクチン」にビル・ゲイツは興味を示しました。

インドの最高裁判所の法廷で、治験中の「HPVワクチン」を違法に接種し、子どもが死亡した人体実験が実施されていたことが明るみになりました。インドの最高裁判所でも「HPVワクチン」の危険性が問題視されています。「HPVワクチン」の研究にビル&メリンダ・ゲイツ財団が資金を提供していることも明らかになっています。

2019年にはマイクロソフトはインドでAIによる子宮頸がんワクチンの診断の迅速化を支援しています。

ポリオも、子宮頸がんも存在しません。

ポリオも、子宮頸がんも、人々に猛毒なワクチンを接種するための口実です。

また、2019年11月に「プーナワラ会長」は「ビル・ゲイツ」から表彰されたことも分かりました。

BILL GATES CONFERS
ICMR AWARD TO DR. CYRUS POONAWALLA

ビル・ゲイツ氏からの表彰
ICMR賞を受賞したDr. Cyrus Poonawalla博士
(註:プーナワラ会長)

Dr. Cyrus Poonawalla conferred with the ICMR ‘Lifetime Achievement Medal’
by Bill Gates, Co-Chair, Bill and Melinda Gates Foundation.

Cyrus Poonawalla博士にICMRの「Lifetime Achievement Medal」が授与されました。
ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同議長のビル・ゲイツ氏より。

17 Nov, 2019 : Dr. Cyrus Poonawalla, Founder and Chairman of Serum Institute of India, was conferred with the Indian Council of Medical Research (ICMR) “Lifetime Achievement Medal” for his outstanding contribution in healthcare. The award was presented to Dr. Poonawalla by Bill Gates, Co-Chair, Bill and Melinda Gates Foundation, at the headquarters of ICMR in New Delhi.

2019年11月17日: インドのSerum Institute of Indiaの創設者兼会長であるCyrus Poonawalla博士が、ヘルスケアにおける優れた貢献により、インド医学研究評議会(ICMR)の「Lifetime Achievement Medal」を授与されました。この賞は、ニューデリーのICMR本部で、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の共同議長であるビル・ゲイツ氏によってPoonawalla博士に授与されました。

この記事を読んだときに、私は3つのことが引っかかりました。

私の3つの疑問
  1. コロナワクチンを製造する前の「2019年11月17日」に表彰されていること
  2. インド医学研究評議会(ICMR)が表彰したのに、インドのニューデリーで表彰式にビル・ゲイツが参加していること
  3. なぜ、インドのニューデリーにある「インド医学研究評議会(ICMR)の本部」に「ビル・ゲイツ」がいるのか

インド医学研究評議会(ICMR)とは、一体どんな組織なのか?

Wikipediaの概要欄の英文を自動翻訳にかけてみると、

インド医学研究評議会(ICMR)は、インドの生物医学研究のトップにある医学機関の1つであることが分かりました。インド政府からも資金援助も受け、26ヶ所の国立研究機関で感染症、栄養学、ガン、糖尿病、薬学などを研究しているインドの医学の中枢機関です。

The Indian Council of Medical Research (ICMR), the apex body in India for the formulation, coordination and promotion of biomedical research, is one of the oldest and largest medical research bodies in the world. The ICMR is funded by the Government of India through the Department of Health Research, Ministry of Health and Family Welfare. In 2007 the organization established the Clinical Trials Registry – India, which is India’s national registry for clinical trials.

インド医学研究評議会(ICMR)は、生物医学研究の策定、調整、促進を目的としたインドの頂点機関であり、世界で最も古く、最大の医学研究機関の1つです。ICMRは、インド政府から保健家族福祉省保健研究局を通じて資金提供を受けています[2][3]。 2007年には、インドの臨床試験の全国登録機関であるClinical Trials Registry – Indiaを設立しました[4]。

ICMR’s 26 national institutes address themselves to research on specific health topics like tuberculosis, leprosy, cholera and diarrhoeal diseases, viral diseases including AIDS, malaria, kala-azar, vector control, nutrition, food & drug toxicology, reproduction, immuno-haematology, oncology, medical statistics, etc. Its 6 regional medical research centres address themselves to regional health problems, and also aim to strengthen or generate research capabilities in different geographic areas of the country.

The council’s research priorities coincide with National health priorities such as control and management of communicable diseases, fertility control, maternal and child health, control of nutritional disorders, developing alternative strategies for health care delivery, containment within safety limits of environmental and occupational health problems; research on major non-communicable diseases like cancer, cardiovascular diseases, blindness, diabetes and other metabolic and haematological disorders; mental health research and drug research (including traditional remedies). These efforts are undertaken with a view to reduce the total burden of disease and to promote health and well-being of the population.

ICMRの26の国立研究所は、結核、ハンセン病、コレラ、下痢性疾患、エイズを含むウイルス性疾患、マラリア、カラアザール、ベクターコントロール、栄養学、食品・薬物毒物学、生殖、免疫血液学、腫瘍学、医療統計学など、特定の健康問題に関する研究を行っています。また、6つの地域医療研究センターは、地域の健康問題に取り組み、国内のさまざまな地域における研究能力の強化や創出を目的としています。

評議会の研究の優先順位は、伝染病の制御と管理、受胎調節、母子保健、栄養障害の制御、医療提供のための代替戦略の開発、環境および職業上の健康問題の安全範囲内での抑制、がん、心血管疾患、失明、糖尿病、その他の代謝および血液学的障害などの主要な非伝染性疾患に関する研究、メンタルヘルス研究、薬物研究(伝統的治療法を含む)など、国民の健康に関する優先事項と一致しています。これらの取り組みは、疾病の総負荷を軽減し、国民の健康と福祉を促進することを目的として行われています。

日本でいう厚労省や日本医師会などのように、インドのワクチンの指揮を取る「インド医学研究評議会(ICMR)」はコロナワクチンを積極的に接種を勧めています。というより、インド医学研究評議会(ICMR)」はコロナワクチンを開発しています。

インド医学研究評議会(ICMR)は、インドの製薬会社「バラト・バイオテック」と「コロナワクチン」を共同開発しています。インド製コロナワクチンの一番手「コヴァクシン(COVAXIN)」を開発したのが「インド医学研究評議会(ICMR)」です。

インド医学研究評議会(ICMR)の事務局長であるBalram Bhargavaは、2021年6月にインドで猛威を振るうインドの変異株「デルタ型」にも「コロナワクチンは有効だ」と言っています。

ポリオと子宮頸がんと同様に

インドの「デルタ株」も存在しません。

RAPT理論+αでどこまでも詳細にデルタ株の嘘が暴かれています。

ちなみに、コロナウイルスも存在しません。

47都道府県を探してもコロナウイルスの存在を証明するものはありませんでした。

北海道に行っても、沖縄に行ってもコロナウイルスは存在しません。

2021年9月の沖縄の石垣市の市議会の一般質問に対して「コロナの存在を証明する資料などは持ち合わせていない」と市民保健部長が発言しています。

インドの道端で昼寝している人を、コロナ感染して、道にバタバタ倒れるコロナ感染者と報じる欧米諸国のマスコミ。

https://twitter.com/L1bertar1an1sm/status/1391768463236947975?s=20

インドでは道端で昼寝する人はよく見る日常風景で、欧米のテレビが言うようにバタバタ、コロナで人が倒れる人は1人もいないよ。と現地のインド人がSNSに動画で投稿。

日本でも、インドでもコロナウイルスは存在しないのです。

コロナウイルスは存在しませんが、コロナワクチンの猛毒であるという証拠はSNSなどで多くの人が挙げています。

日本のテレビでもコロナワクチンの副作用で1000人以上死者が出ていると報道されました。

アメリカの最高裁判所では「コロナワクチンの安全性は保証されていない。コロナワクチン接種は避けるべきだ」という判決を下しています。

アメリカの最高裁判所が安全性が認められないと判決したコロナワクチンを

インド医学研究評議会(ICMR)の事務局長であるBalram Bhargavaは、コロナワクチンは接種すべきだとインド国民に接種を呼びかけています。

また、インド医学研究評議会(ICMR)の事務局長Balram Bhargavaはゲイツ財団が支援するインド血清研究所の1億人分のコロナワクチン推進するべきだと2020年8月にコメントしています。

出典はこちら

Dr Balram Bhargava, Director General of Indian Council of Medical Research (ICMR), commented, “India’s has demonstrated consistent capability in delivering on low-cost and high-quality medical research, while also maintaining technical and scientific rigour. ICMR is deeply supportive of our cutting edge vaccine research and manufacturing prowess, of which SII is one prominent example. This partnership signifies yet another step in India’s efforts to bolster the fight against this global pandemic.”

インド医学研究評議会(ICMR)の事務局長であるBalram Bhargava博士は、「インドは、技術的・科学的な厳しさを維持しつつ、低コストで高品質な医学研究を行う能力を一貫して示してきました。ICMRは、SIIをはじめとするインドの最先端のワクチン研究・製造能力を深く支持しています。今回の提携は、世界的な流行病との戦いを強化するためのインドの取り組みの新たな一歩を示すものです」と述べています。

インド血清研究所で製造されるコロナワクチンは3ドルで、世界92カ国に提供すると2020年8月に公表されています。

Serum Institute Inks Deal With Gates Foundation, Gavi For 100 Million COVID 19 Vaccine Doses By 2021

Vaccines will be priced at maximum US$ 3 per dose and made available to the 92 countries included in Gavi’s COVAX Advance Market Commitment (AMC)

セラム・インスティテュート(註:インド血清研究所)がゲイツ財団およびGaviと2021年までに1億人分のCOVID 19ワクチン投与に関する契約を締結

GaviのCOVAXアドバンス・マーケット・コミットメント(AMC)に含まれる92カ国に、1回あたり最大3米ドルの価格でワクチンを提供する。

Pune-based Serum Institute of India (SII) on Friday announced its partnership with Gavi, The Vaccine Alliance and the Bill & Melinda Gates Foundation, to accelerate the manufacture and delivery of up to 100 million doses of COVID-19 vaccines for India and low- and middle-income countries (LMICs) by 2021.

プネに拠点を置くSerum Institute of India(SII)(註:インド血清研究所)は金曜日、Gavi、The Vaccine Alliance、Bill & Melinda Gates Foundationとのパートナーシップを発表し、2021年までにインドおよび低・中所得国(LMICs)向けに最大1億回分のCOVID-19ワクチンの製造と提供を加速することを発表しました。

2021年9月21日のニュースの記事を見て、

インドで生産されていたコロナワクチンの輸出がストップしていたことも分かりました。

出典はこちら

世界にコロナワクチンを普及させている「COVAXファシリティ」を運用する世界保健機関WHO、ユニセフ、ビル・ゲイツなどの計画では、2021年の世界に分配するワクチンの7割はインドで供給する予定だったそうですが、ワクチン供給の計画はうまく進んでいません。

出典はこちら

ビル・ゲイツが公明党に対し、途上国や日本国内における人口削減を推進してきたことについて、6月9日付で感謝状を送っていたことが明らかになりました。

感謝状には「貴代表のリーダーシップの下、貴党が極めて重要な役割を担っていただきましたこと、心より御礼申し上げます」と記されているとのことです。

公明党はコロナ禍以前から、有害な子宮頸がんワクチンなどを推奨し、日本国内での人口削減に積極的に加担してきました。

○子宮頸がんワクチン 接種再開を目論む創価学会

また、公明党は菅首相に対し、途上国向けワクチンを各国で共同調達する「COVAXファシリティー(=ユニセフ)」に770億円以上の追加拠出するよう要請し、その結果、880億円もの税金を既にせしめています。

ワクチンの製造を加速させて、毎月3億回分の猛毒なコロナワクチンを世界中に撒く計画だったようです。

出典はこちら

しかし、ビル・ゲイツに有罪判決が下された影響が大きかったのでしょう。

インドのコロナワクチンの輸出はストップし、コロナワクチンの製造ラインの動きが鈍くなっています。

インドのワクチン製造・販売をする強力な後ろ盾のビル・ゲイツがいなくなれば、

ワクチンを生産しようとする勢力がガクッと弱まります。

世界中でワクチンの危険性を訴える声が日に日に高まっていく中、ワクチン生産を強行するのはどんどん難しくなっていくでしょう。

ビル・ゲイツという後ろ盾がなくなったインドのワクチン供給がストップすることで、ワクチン供給予定だった「途上国の7割の人々の命」が守られました。

インドは世界のワクチン工場です。

「インドはワクチン開発のパイオニアだ」とビル・ゲイツが言うほど、重要なワクチン製造・販売拠点のインド。

そのインドでワクチン製造・輸出がうまくいっていない。

インドとビル・ゲイツはズブズブな関係。

「インドのワクチン製造会社」も、「インドの医療機関」も、ビル・ゲイツの支配下だったことが分かりました。

この事実が広まれば、さらにコロナワクチンを製造・販売することが困難になるでしょう。

ワクチンがこの世の中からなくなることを切に祈ります。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

この記事を書いた人

29歳
仙台在住のアラサーUber
夢は世界を救うヒーローです!
Twitterやブログで活動中です!

コメント

コメントする

目次
閉じる