北朝鮮、渡辺和子、エスペラント、アイヌから読み解く「旭川市の歴史」。なぜ旭川女子中学生いじめ凍死事件が旭川市で起きたのか?

この記事を読む所要時間は、およそ 4 分 です。

【旭川市】について調べてみた私の「ノート」です。

前回の旭川女子中学生いじめ凍死事件を調べた記事の続きです。

日本で「チュチェ思想」を拡散する「金日成・金正日主義研究会」の会長「田代菊雄」は、ノートルダム清心女子大学の名誉教授。

岡山県のノートルダム清心女子大学の理事長は「渡辺和子」は「旭川市出身」

陸軍大将だった渡辺和子の父は、二・二六事件で銃殺

出典元はこちら

陸軍クーデータの二・二六事件の首謀者の一人「村中孝次」も「旭川市出身」

陸軍の青年将校に崇拝された「北一輝」の「日本改造法案大綱」を、感激しながら書き写す「岸信介」

「旭川市」のシンボルは「星★」です。

人工言語「エスペラント」のシンボルも「星★」です。

この「旭川市」と「エスペラント」を繋ぐ人物は、ノーベル文学賞に最も近いと言われた「安倍公房」です。

「蝦夷共和国」のトップ「榎本武揚」を題材に小説を書いた「安部公房」は「エスペランティスト(註:人工言語エスペラントを話す人)」です。

安部公房の本籍も「旭川市」

安倍公房の祖父母も父母も「旭川市」に入植した開拓民です。

「旭川市の市旗」も「エスペラントのシンボル」も「五芒星」

出典元はこちら

上記の画像の出典元は、RAPTブログ「人工言語エスペラントは悪魔崇拝者たちの共通言語である。」です。

旭川市は「アイヌの聖地」です。

神居古潭(かむいこたん)は北海道旭川市にある地区の名称であり、また同地区を流れる石狩川の急流を望む景勝地の名称。地名はアイヌ語のカムイコタン(神の住む場所)の音意訳である。

「アイヌ人」とは、先祖の血筋と関係なく、北海道アイヌ協会に「アイヌ」と認定された「単なる資格」

アイヌ人になれば、学費・免許・旅行費もタダになる「アイヌ利権」

北海道アイヌ協会副理事は、「金日成」を崇拝する「チェチュ思想団体」の幹部

アイヌ新法を成立させたのは「公明党」

出典元はこちら

旭川女子中学生いじめ凍死事件の「児童売春の実態」を隠蔽する「旭川市」は「創価」

なぜ、2021年3月に「旭川市」で14歳の中学生が公園で凍死したのか。

1日でも早く、真相が全て明らかになることを祈ります。

この記事を書いた人

29歳
仙台在住のアラサーUber
夢は世界を救うヒーローです!
Twitterやブログで活動中です!

コメント

コメントする

目次
閉じる