地球にやさしい自然農法。環境と創価学会に配慮した「自然農法」は「カルト思想」

この記事を読む所要時間は、およそ 5 分 です。

目次

米を作るほど温暖化⁉︎

水田から発生する大量のメタンガス

CO2の25倍もの温室効果があるメタンガス

メタンガス抑制するために水田から水を抜くと、地表温度が上昇

26度以上で米は白く濁り、発育不良

出典元はこちら

地球温暖化は嘘

地球温暖化は嘘です。

地球温暖化の問題を提唱したローマクラブの名誉会長が池田大作です。

地球温暖化対策で食糧危機を作り出す創価人脈

メタンガスの発生が少ない「不耕起栽培」を推進する「自然農」

自然農法の「福岡正信」も「川口由一」も田畑を耕すことを否定

無農薬、無肥料の自然農法を売りにした「奇跡のリンゴ」はインチキ

自然農法の提唱者「岡田茂吉」は大本教

出典元はこちら

いくら頑張っても雑草が生い茂る自然農法

田畑を耕さない自然農法では駆除不可能なクログワイ

無農薬、無肥料で痩せていく土

自然の声に耳を傾け、自然の力を使いなさいという思想に持ち込む「自然農法」

無農薬農家にとって理想的な自然農法

自然農法は、大本教(創価思想)に洗脳するカルト思想

自然農法は、無農薬農家を大本教に洗脳するカルト思想

画像
画像

宮崎駿が日本一偉い人と称賛する自然農法の「福岡正信」も「大本教」

自然農法が理想とする「森の土」では、トマトは育たない

土を耕しても、繁殖するミミズの生命力の強さ

自然農法は土を耕さず、ミミズを殺さない。

ミミズが土を耕すから、森の土のように、自然農法の土もフカフカだ。と自然農法の実践者は言います。

確かに、ミミズは土を耕すと死んでしまいます。
しかし、全滅はしません。

ミミズの卵(卵包)は、長さ3-6mmで幅2-3mmと小さく、
耕耘機で耕しても全てが潰れることはないでしょう。

ミミズは孵化から2〜4ヶ月で繁殖可能な成体へと成長します。
ミミズは雌雄同体で、2、3匹いたら繁殖可能です。
1年中、産卵期間のあるミミズ。

鳥やモグラの餌となる食物連鎖の最底辺にいるミミズの繁殖力は並外れたものです。

出典元はこちら

人が機械で土を耕した程度では、ミミズは全滅しません。

特殊な栽培方法をしなくても、慣行栽培でもミミズは土の中で繁殖します。

ミミズの生命力、繁殖力はすさまじいものがあります。

ミミズは土を耕します。

人も土を耕します。

ミミズだけ土を耕しても、森の土ではトマトが育ちません。

人の力で、土を耕すから、トマトも育てられる田畑の土になります。

”人”が土を耕して、田畑の土が作られます。

自然農法で稼ぐ「食べチョク」も「パソナ」とズブズブな「創価企業」

産地直送のネット通販サイト「食べチョク」は、コロナ禍でサイト利用者が43倍に急増。

食べチョクに登録されている「自然農法の農家」は250人以上。

食べチョクは積極的にSDGsに取り組んでいる創価企業です。

自然農法の農家は、創価企業「食べチョク」で儲けています。

この記事を書いた人

30歳
仙台在住のアラサーUber
夢は世界を救うヒーローです!
Twitterやブログで活動中です!

コメント

コメントする

目次
閉じる